【施術改善例】  首から上腕の痛み しびれ 人差し指・親指のしびれ

年齢・性別

40代 男性

来院

2016年 4月

 

 

症状

2016年3月末頃にギックリ腰を発症

初めは違和感程度であったものが

1日、2日と経つうちに

腰がくの字なるほどの状態に進展

 

しかし、仕事が忙しく治療院や病院にも行けず

市販薬のバファリンを飲む

 

なんとなく痛みは緩和してるものの

仕事の作業で腰をかがめることがあると

「ビキっ」と悲鳴を上げたくなるぐらいの

痛みが走ることがありながら日々を送る

 

一回2錠でいいところを3錠飲んだりしながら

約3週間かかって痛みが治まった状態だった。

 

 

仕事の忙しさが落ち着いてきた時に

腰の痛みもほぼ感じなくなってきていた矢先

 

 

左の親指と人差し指のしびれを感じる

上腕の部分にも線を引くようなしびれ(?)

「ツツツ~~~」と走るようなしびれを感じる

 

 

さらに2,3日後朝起きた時から左の首から

左肩にかけての痛みと強いしびれ

 

 

人差し指・親指のしびれもあきらかに

しびれとわかる感じに発展し

 

 

もしかすると脳の障害がでたのではということで

脳神経外科に受診

 

脳神経外科では

脳には何も異常がないので

「首からの神経痛ですね。」と診断を受け

シップとしびれを解消するという薬をもらって終了

 

 

3,4日後首から手にかけての痛みとしびれが

取れない

既存の方の紹介にて来院されました。

施術内容と経過

初回施術

頚部のアドソンテスト ジャクソンテスト共に陽性

 

頚部での神経根障害があると判断

特に首を後屈(上を向く動作)は

痛み・しびれを増強させる

 

 

上腕部のしびれ

人差し指・親指のしびれのため

C5・TH1神経が影響を受けているために

C5・TH1の矯正

 

 

僧帽筋・肩甲挙筋・広背筋の弛緩

 

 

施術直後でペインスケール10→7

2回目施術 2日後

初回施術後以降は

バファリン(痛み止め)をSTOP

 

次の日の朝は症状が強く出現

 

時間の経過とともに少し改善

 

 

初回の施術と同じことを繰り返す

 

頚部の椎間孔を広げる牽引を追加

6回目施術

上腕部のしびれ・痛み ペインスケール10→2

 

頚部のしびれ・痛み ペインスケール10→2

 

人差し指・親指のしびれ ペインスケール 10→5

10回目施術

人差し指・親指のしびれも

ペインスケール 10→1

同時に施術した症状

3月に残存していた腰痛

使用した手技 もしくはポイントとなる部位

椎間孔を開く牽引

C5・TH1の直接の矯正

肩首周りの筋肉の弛緩

仙腸関節の調整

考察

3月に発症したギックリ腰の影響で体の使い方を

かなり悪くしていたことが考えられる

 

くの字になるほど辛い腰にバファリンを飲んで

体を仕事だからということで

無理からに動かしていて上半身の歪みも

強くしていたことだろう

 

 

そのために頚部から出てくる上肢に向かう神経が

圧迫を受けることになり本人が思うきっかけとしては

何もないと思っていても強い症状が出てきたものだと

考えられる。

 

 

デルマトームによる親指・人差し指神経支配

上腕の神経支配に当たるC5・Th1の脊椎は

圧痛が強いことが認められ強く影響を及ぼしていた。

 

 

C5・TH1の矯正だけでは症状が取れたとしても

再発の可能性が高いので体の土台となる

骨盤の歪みを正すことを施した。

 

 

症状発症から時間の経過が経っていないために

しびれの症状も早期に改善された。

072-987-4976

からだリカバリーセンターについて
ネットで予約をする メールでのご相談はコチラ
  • 受付時間:電話受付時間 AM8:30~PM8:00
  • 定休日:土曜午後・日曜・祝日
受付時間 日・祝
8:30〜12:00
15:00〜19:30

〒579-8046東大阪市昭和町3-15