ぎっくり腰の痛みを和らげる楽な姿勢

ぎっくり腰は対処法を間違うと悪化してしまう

ぎっくり腰というものはなんの前触れもなく

発生するものであったり、物を持ち上げた時に

発生したり、くしゃみの際に起こることがあります。

 

 

軽度のぎっくり腰でも腰の痛みが動かすたびに

感じたり、中には身動きもできないほどの

激痛に襲われます。

 

 

ぎっくり腰の痛みが強く出ていると歩くことも

立つことも難しくなり、あらゆる動作が

制限されてしまいます。

ぎっくり腰は魔女の一撃とも言われます。

 

 

 

予定が入っている場合や時間が押している

場合などにぎっくり腰が発生してしまうと、

どうにかしなければならないと焦って

無理をしがちです。

 

 

しかし、ぎっくり腰は無理に体を動かそうと

すると逆に悪化してしまいます。

ぎっくり腰のもっとも効果的な治療は

安静にすることです。

 

 

そして、ぎっくり腰の痛みを速やかに

和らげるためには腰に負担をかけない

楽な姿勢を取る必要があります。

ぎっくり腰の最中におすすめの姿勢

ぎっくり腰の痛みを和らげる楽な姿勢には

いくつか種類があります。

 

 

まず、横向きに寝転がるのは腰にかかる負担が

もっとも少なくなるので、

どのようなぎっくり腰においても

効果を発揮します。

 

 

ぎっくり腰の痛みが強くてほとんど

動けないという場合、まずは横向きに

寝転がって安静にすることが大切です。

 

 

 

ぎっくり腰の痛みはほとんど動けないほどの

重度のものから、なんとか日常動作が

行えるくらいの軽度のものまでさまざまです。

 

 

どうにか体を動かすことが

できるというのであれば、

両手と両膝を立てて四つん這いの姿勢を取り、

ゆっくりと呼吸を整えるようにすると

更に回復が早まるとされています。

 

 

四つん這いの姿勢を取ってある程度痛みが

落ち着いてきたら、そのままの状態で

ゆっくりと這うようにして動くことも

できるようになります。

 

 

 

学校や職場など、四つん這いの姿勢を

取ることに抵抗があるという環境で

ぎっくり腰になってしまうということも

少なくありません。

 

 

このような場合、とりあえずはしばらく

四つん這いの姿勢を取りつつ、

ある程度痛みが治まってきたら

正座の状態へもっていくこともできます。

 

 

 

正座になる姿勢に上半身を左にひねりながら

状態を起こしてみると痛みを少なくして

起き上がることもできます。

 

 

ぎっくり腰の状態によって右にひねった方が

いい場合があるのでまずは左からひねって

状態を起こすようにしてください。

ぎっくり腰になった方からよく聞かれる質問

実際にぎっくり腰になった方から

よく聞かれる質問があります。

 

 

「運動をした方がいいですか?」

「ストレッチをした方がいいんですか?」

「お風呂は入ったほうがいいのですか?」

 

 

運動は痛みのあるときにすると

返って悪化させるので良くなるまでは

禁止です。

 

 

ストレッチも同じく運動なので

痛みが取れるまではしないようにしてください

 

 

お風呂はシャワーにしてください。

夏ならOKだと思いますが冬ならシャワーでは

ってなる方も多いと思います。

 

 

体を温め過ぎないようにしてもらえるなら

湯船に使ってもOKです。

 

 

ぎっくり腰は炎症の状態が起こっているので

炎症している部分にさらに熱を加える事は

オススメできません

 

 

 

ぎっくり腰になってしまったら

横向きに寝て安静にすることが

大切だと覚えておいてください。

 

1か月ぐらいで改善が実感(腰痛)

お客様写真

腰が痛くなってなかなか改善しないので本当によくなるのか不安で来院しました。

1ヶ月を過ぎた頃から改善が実感できるようになりました。

今は腰を動かすのも不安はありません。

Y・T様 40代  会社員

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

ぎっくり腰 すごい良くなった

お客様写真

朝起きて直後にぎっくり腰なりました。これで今年3回目です。

腰が横に曲がっている感覚も自分でわかりました。

実際写真を見てびっくりしました。

1回の施術でだいぶ良くなったって思いました。

ありがとうございます。

O.S様 30代 飲食業 

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

072-987-4976

からだリカバリーセンターについて
ネットで予約をする メールでのご相談はコチラ
  • 受付時間:AM8:30~PM7:30
  • 定休日:土曜午後・日曜・祝日
受付時間 日・祝
8:30〜12:00
15:00〜19:30

〒579-8046東大阪市昭和町3-15