ぎっくり腰を引き起こす3つの原因

ぎっくり腰とは・・・

ぎっくり腰は体を動かしたり、重いものを

持ったり、なんらかの動作が切っ掛けと

なって腰に痛みが出る症状のことです。

 

 

ぎっくり腰は正式名称を急性腰痛症といいます。

 

 

しかし、腰があたかも「グキッ」っと音を

立てたかのような強烈な激痛が生じることから、

一般的にはぎっくり腰と呼ばれています。

 

 

 

急性腰痛症とは筋膜の炎症のことです。

筋膜の炎症は関節の捻挫や筋肉の損傷によって引き起こされ、

これらの症状が腰に出た場合にぎっくり腰が

発生することになります。

 

 

そして、急性腰痛症の原因は大きく3つに分けられます。

 

  • 腰部椎間板ヘルニア
  • 腰部椎間板症
  • 腰椎圧迫骨折

腰部椎間板ヘルニア

腰の骨と骨の間には椎間板と呼ばれるものが存在します。

椎間板はクッションであり、腰にかかる負荷や衝撃を吸収、

分散する役割を持っています。

 

 

しかし、椎間板というものは加齢などが

原因となって摩耗していくものであり、

椎間板がすり減ってしまうと負荷や衝撃を

うまく吸収することができず、

椎間板の断裂が発生することがあります。

 

 

椎間板の断裂が発生すると椎間板の一部が

本来あるべき部位から飛び出してしまい、

それによって神経が圧迫されるので、

強い痛みが生じることになります。

 

 

これが腰部椎間板ヘルニアであり、

ぎっくり腰の原因の一つです。

 

 

 

椎間板ヘルニアによるぎっくり腰は

主に重いものを持った時などに

起こりやすいです。

 

 

椎間板ヘルニアによるぎっくり腰は腰から尻にかけて痛みが生じるのが特徴であり、

足に痺れや痛みが出ることもあります。

 

腰部椎間板症

椎間板は中央にある髄核という部位、

骸核の外側にある線維輪という部位で構成されています。

 

 

髄核は多くの水分を多く含むゲル状の物質であり、

線維輪の主成分はコラーゲンです。

 

 

骸核と線維輪は加齢とともに少しずつ減少していき、

それによって椎間板の持つクッション性は

損なわれていきます。

 

 

椎間板は常に体重による圧力がかかっており、

椎間板がすり減ってしまうと日常的に

筋肉や関節に疲労が溜まることになります。

 

 

こうして疲労を蓄積させた椎間板はあらゆる

負荷に対して非常に弱くなっており、

ちょっとした日常動作でも強い痛みが

生じることがあります。

 

 

これが腰部椎間板症です。

 

 

腰部椎間板症によるぎっくり腰は

無理な姿勢を長時間続けるなど、

筋肉や関節に負荷がかかった時に起こりやすいです。

 

 

前かがみになったり、体をひねったり、

急に立ち上がったりした場合も

腰部椎間板症によるぎっくり腰を引き起こすことがあります。

腰椎圧迫骨折

ぎっくり腰は腰椎圧迫骨折によって

引き起こされることもあります。

 

 

腰椎圧迫骨折によるぎっくり腰は

骨粗鬆症を患っている方の発症率が高いのが特徴です。

 

 

骨が脆いのでこれもまたちょっとした

日常動作でぎっくり腰になってしまう

可能性があります。

 

 

 

また、腰椎圧迫骨折によるぎっくり腰は

骨が折れているので、特に強い痛みが長時間持続することになります。

気を付けるには普段からの姿勢が大事!

ぎっくり腰を引き起こす3つの原因ですが

普段からの姿勢に気をつけることで

予防ができます。

 

 

ぎっくり腰になってしまってから

予防をするのではなくぎっくり腰にならないように

気をつけることを心掛けてください。

 

072-987-4976

からだリカバリーセンターについて
ネットで予約をする メールでのご相談はコチラ
  • 受付時間:電話受付時間 AM8:30~PM8:00
  • 定休日:土曜午後・日曜・祝日
受付時間 日・祝
8:30〜12:00
15:00〜19:30

〒579-8046東大阪市昭和町3-15