【施術改善例】 膝関節水腫が改善しバレーボールの試合にも出場できた例

施術例

40代 女性 パート

 

来院

平成29年7月

来院されるまでの経緯

月に1回から2月に1回の間隔でメンテナンスを

されている方がいつもより早いタイミングで来院された。

 

2、3日前から右膝が腫れてきて痛くて曲げ伸ばしがしにくくなった。

これというきっかけはなかったが最近脚が疲れやすいなあと感じていたという。

急に腫れたのでびっくりして慌てて来院された。

症状

右膝の痛み・水腫(腫れ)・熱感

痛み・腫れ・熱感からくる運動制限

施術内容と経過

初回施術

検査

膝蓋跳動 陽性

触診・視診にて健側と比べ、

あきらかな水腫(腫脹)を認める

骨盤テスト 骨盤の前傾を確認

筋肉テスト 大腿四頭筋(直筋)・膝窩筋に反応あり。

施術

骨盤の前傾を調整し大腿四頭筋、膝窩筋の筋緊張を弛緩

筋肉の緊張が弛緩することで、少し腫脹はひいたが健側と比較するとまだ、腫脹を認める。

筋肉が弛緩したことにより痛みが軽減し動きが良くなった。循環をよくするテーピングをする。

4回目施術

「腫れもひき、大分痛みが取れてきている。

痛みは半分くらいになっている。」

と経過報告を受ける。

6回目施術

最初の水腫が気にならなくなってきたので循環を良くするテーピングから膝の筋肉(大腿四頭筋)を支えるテーピングに変更した。

8回目施術

日常生活での動きではほとんど、痛みが気にならなくなったので運動(バレーボール)を再開してもらう。

12回目施術

「バレーボールをしても、問題なく出来ている。

ただ、走ったりする時の一歩目が出にくい時と痛みを感じる時がある。」と経過報告を受ける。

自宅で出来るストレッチを指導した。

15回目施術

「走る一歩目の動きも良くなっている。もうほとんど気にならない。」

と経過報告を受ける。

なんとか秋のバレーボール大会までに間に合って喜んでおられました。

考察

バレーボールの練習量の変化と

クセ(姿勢)と歪みが原因で太ももの筋肉(大腿四頭筋)

に負担が蓄積し膝関節が支えきれずに痛みが発症した症例です。

 

まず、腫脹が起こっている原因として

特にご本人も思い当たる原因はなかったのですが数日前から疲労感などを感じていたので下肢の負担は増えていたと考えられます。

バレーボールをされているので

「もうすぐ大会か何かあるのですか?」と質問すると、

「そうなんです。来月試合なんです。」

練習量や練習内容を確認すると、ご本人もそういえばと思うフシがあったようでバレーボールでの膝にかかる負担を説明すると納得されていました。

 

 

膝関節の水腫とは一般的に水が溜まっていると言われる状態で関節内または関節周辺の軟部組織に炎症が起こることにより一時的に関節内の関節液が増えることで起こります。

 

関節液とは関節内に栄養を送ったり関節の潤滑油の働きをしています。

 

炎症が起こるということは組織が傷ついている状態なので体は早く治そうとします。

そうすることでいつも一定の量に保たれている関節液の量を増やし、より栄養を送ったり、よりスムーズに関節を動かそうとするのです。結果、膝関節内の関節液が増え腫れてきます。

 

専門機関では

①水腫の水を抜く。

②薬で炎症を抑える。

という方法が一般的に行われます。

 

そもそも水が溜まるというのは炎症を早く治そうとする体の仕組みで起こります。つまり、炎症が治まると関節液は元の一定の量に戻ります。

 

①水腫の水を抜く

メリット

腫れが引いて動きやすくなる。

一時的に痛みが和らぐ。

 

デメリット

再発(またすぐに水が溜まってくる)する。

クセになる。

感染症のリスクがある。

 

②薬で炎症を抑える

メリット

一時的に痛みが和らぐ。

 

デメリット

薬の効果が切れたら痛みが再発する。

根本改善にはなっていない。

 

 

それぞれのメリットやデメリットを伝え今の症状なら注射や薬に頼るよりも根本改善をしたほうが良いことを伝え歪みを整えながら、筋肉の負担を取っていきました。

筋肉の緊張が取れることにより血流も良くなり水腫も徐々に治まって循環をよくするテーピングでサポートしました。

 

水腫による腫れが引いてきたらさらに筋硬結や歪み、下肢アライメントを整え再発防止に努めていきました。

 

 

今までに病院や医療機関で膝の水を抜いたことのある方は溜まった水は抜くものだと思っている方が多いですが

メリットとデメリットをしっかり考え本当に必要な施術を受けてもらいたいと思います。

今回の症例では水を抜くよりもクセ(姿勢)と歪みを改善させ根本から整えたほうが良かったので、結果バレーボールの大会にも間に合い再発もせずに楽になられ、喜ばれました。

072-987-4976

からだリカバリーセンターについて
ネットで予約をする メールでのご相談はコチラ
  • 受付時間:電話受付時間 AM8:30~PM8:00
  • 定休日:土曜午後・日曜・祝日
受付時間 日・祝
8:30〜12:00
15:00〜19:30

〒579-8046東大阪市昭和町3-15