なぜ、病院で治療しても治らなかった足底筋膜炎がソフトな整体すると良くなったのか?

こんな事でお悩みな事はありませんか?

 

☑起床後の1歩目が辛い

☑足の裏が立っているだけで痛い

☑歩くのが嫌になる

☑何回も靴を変えたが改善しない

☑病院へ行ってもシップだけでいつまでも痛い

【原因】

足底の筋肉の膜が炎症を起こしている状態です。

この足底筋膜とは足の裏に膜のように薄く幅広い

腱のことで、この部分が炎症を起こしたり、

小さな断裂などが起きたりすると足の裏の痛みと

して生じます。

 

 

足底筋膜炎になると足の裏の土踏まずあたりや、

踵の前あたりが痛くなり、歩くだけでも痛みを

感じます。

 

 

40〜50歳以上くらいの方になりやすいですが、

スポーツ選手や長時間の立ち仕事をする方などの

足を酷使する方は若い方でもなりやすいです。

 

 

朝起きたときの最初の一歩であったり、運動をするときの一歩目の着地などで痛みが強くでます。

【症例】

40代 女性 会社員

 

 

朝起床しベットからの歩き始め、階段の上りや、

キッチンで朝食の準備をしている時に右足の

土踏まずが痛み、長年悩まれていました。

 

 

 

右足底の痛みをかばい両膝の痛みもあり職場での

階段の昇り降りでも痛みが出ていました。

 

 

1年間痛みを我慢し過ごされていましたが。

このまま痛みが続き治らなかった困ると

不安になられて来院されました。

【治療】

骨盤の歪みがあり、左右の足の長さがずれていたので、

骨盤の歪みがないように整えました。

筋肉の硬さも強く骨格全体の歪みが強いので

仙腸関節を調整。

下肢の筋肉の緊張していました。

下肢と上肢は繋がりのある場所なので上肢の筋肉も弛緩しました。

足関節のAKA 。

初回の治療では変化はなし。

4回目の時点で、まず膝の痛みが減少してきた。

6回目の治療時での右足底の痛みが軽減しました。

痛みのレベル PS 10→4

初診から1ヶ月後には、痛みが無くなりました。

治療を受ける前は階段の昇りやキッチンでの

作業もつらい状況でした。

治療をし体全体のバランスを整えることによって

足底に負担がかからないようにすることで、

1年続いた痛みもなくなりました。

今では足底を気にすること無く動かれています。

 

【まとめ】

足底筋膜炎も骨盤、体全体の歪みが大きく関係しています。

 

 

骨盤の歪みがあると下肢の長さが左右でズレてしまいます。

そうすることで体重のかかり方が左右で違ってきてしまい痛みに繋がってきます。

 

 

体の中心にある骨盤を整えることによって、体全体の歪みも改善され足底の痛みも無くなり改善されます。

 

ある日を境に痛く

なんとなく痛く

段々と痛く

 

 

こんな感じで足底筋膜炎は発症するのです。

しかし、それまでに体全体の歪みがあり

 

 

痛みを感じる人、違和感を感じる人、

中には何も感じないまま日常を過ごし

 

 

気がつけば足の裏が痛いってことが起こるのです。

痛みが出た時には根本となる体全体の歪みが

大きくなっているので

 

 

症状を良くするにも根本から良くしないと

改善しないので

 

 

もし、足の裏などに注射やシップなどを貼って

痛みが取れないなら

 

 

あなたも体全体の歪みから整体で改善することを

オススメします。

 

 

あなたの望みを叶える

 

からだリカバリーセンター

 

 

072-987-4976

http://www.yoshimura-seikotsu.com/

 

24時間予約フォーム

http://ws.formzu.net/fgen/S76843566/

 

 

072-987-4976

からだリカバリーセンターについて
ネットで予約をする メールでのご相談はコチラ
  • 受付時間:電話受付時間 AM8:30~PM8:00
  • 定休日:土曜午後・日曜・祝日
受付時間 日・祝
8:30〜12:00
15:00〜19:30

〒579-8046東大阪市昭和町3-15