たった3回でバレーボール部に所属する高校生の足の指の痛みが解消しました。

たった3回でバレーボール部に所属する高校生の足の指の痛みが解消しました。

 

 

  •  走ったりすると足の指が痛い

 

  •  飛び跳ねたりするスポーツで着地の時に足の裏が痛い

 

  •  足の指が痛いがレントゲンを撮っても異常なし

 

 

中学生や高校生になると部活での体の酷使は

大変厳しいものになっていることが多いです。

 

 

かと言って休むことも出来ませんし

大怪我をしないかぎり部活を休むことも出来ません。

 

 

少々の痛みでは休んで治療を受けることも

部活を休むことはレギュラーから遠ざかることに

なるので学校のある日はもちろんのこと

日曜でさえも休むことすらできません。

 

 

全国大会を目指すような部活に入っていると

年間の休みが1日もしくは3日程度しかない状況も

多々あるようです。

先日来院されたNさん16才の女子高生の症例です。

 

 

部活はバレーボール部に所属しております。

大阪の中でもベスト4、8ぐらいのレベルで推移している

ことが多いようです。

 

 

Nさんは部活の休みはないが火曜日だけはケガの治療が

あれば早めに帰宅できるようになっているようです。

 

 

足の母指の基節骨の部分が痛いということでした。

 

 

 

ジャンプの際、着地するとき、ダッシュする時に

母指の基節骨の部分が痛く、痛くて力が抜けるような

感覚になるようです。

 

 

3,4ヶ月。前から痛むのが気になって

痛みがあることで力強くジャンプできないように

なっていたのでした。

 

 

2ヶ月前に整形外科にてレントゲンを撮ってもらうと

骨には異常なく、休むと良くなるし痛み止めと

安静が必要だということでした。

 

 

しかし、部活をしているため、休むことは出来ないし

高校1年生なので骨折のような歩けないほどの痛み

でもないので部活を休み事はできない状態でした。

 

【検査】

足の母指の基節骨の圧痛著名

立位(立って足を地面につけると)痛みが増強します。

 

 

体の歪みが強く

上半身は左にひねっていて左に倒れている状態です。

 

 

話を聞くと

股関節にも痛みと違和感を常に感じているということです。

 

 

【調整 施術】

 

身体全体のバランスと整えることと

ふくらはぎ(下腿)から足関節、母趾のそれぞれの

骨のアライメントを整える

 

 

【調整後検査】

立位にて確認をしてもらうと

 

痛みが 10→ 3になったということです。

 

 

高校生なのでお母さんが一緒に来院されていましたが

娘さんが常に痛いを言っていたし、病院に行っても

長い期間何も変化がなかったので

 

 

正直の所、ここへ来院しても何も変わらないんじゃなか

と思っていたので、施術を一度受けたところで

痛みが変化したので驚いておられました。

 

 

その後1週間後、2週間後に来院し痛みがほぼなくなった

ので施術は終了し、痛みがまた出ると来院してもらう

ということです。

 

 

足の指の痛みも骨盤や上半身の歪みが関係している

症例でした。

 

 

身体の歪みがあると足の指にかかってくる負担も

変わってくるのです。そうすることで足の指自体に

関節に負担がかかる事があって痛みへとなるのです。

 

 

足の指だからと言って身体のねじれが関係していない

のではなく大きく関係しているので

もし、あなたが足の事でシップを貼ってもなかなか

痛みが引かない時は身体の歪みが関係している

と思ってもいいと思ってください。

 

お客様の声はこちら

072-987-4976

からだリカバリーセンターについて
ネットで予約をする メールでのご相談はコチラ
  • 受付時間:電話受付時間 AM8:30~PM8:00
  • 定休日:土曜午後・日曜・祝日
受付時間 日・祝
8:30〜12:00
15:00〜19:30

〒579-8046東大阪市昭和町3-15