【施術改善例】寝違えを解消するには腋窩神経がポイントだった

【施術例】

30代女性

【来院】

2016年5月

【症状】

2日前からの寝違え

頭痛(毎日)

 

 

起床時に左寝違えになる

頚部が左側屈できない状態

 

 

3年前から頭痛は毎日出ていました。

 

 

病院の受付事務で日々の業務に影響あり

痛み止め薬は毎日2錠服用されていました。

 

 

病院勤務なので薬はいつでも処方してもらえるが

このまま薬で抑えていることには

不安も感じていた

 

 

寝違えで来院に至ったが

頭痛も整体で解消しないのかと

相談されました。

 

仕事を初めた10年前から慢性的な肩こりもあり

 

【施術内容と経過】

初回

検査

左頚部側屈 不可能

上半身 左側屈 強

上半身 左回旋 強

骨盤  右回旋 強

施術

頚部に負担をかけないように座位で施術

 

 

腋窩神経の調整を行うと左頚部側屈ができるようにる

 

 

頚肩部周囲の筋肉を弛緩

 

直接炎症をきたしている筋肉を整体すると

炎症が強くなるので神経筋連鎖法で施術

 

 

初回施術後、可動域改善

しかし、痛みは残存

 

ここで施術は終了

 

2回目以降

2回目施術時 2日後

 

 

2回目来院時

前回と比べると左側屈がしやすくなりました。

 

 

(腹臥位)うつ伏せになれるようになった

骨盤調整、座位で腋窩神経調整

 

 

施術後、左側屈が問題なくできるようになる

 

痛みも軽減する

 

 

4回目施術時 10日後

 

 

毎日朝から出ていた頭痛も出なくなった

 

一日2錠飲んでいた頭痛薬も1錠減らす

 

施術は

頚椎調整を加える

 

 

 

9回目施術時 1ヶ月後

 

寝違えは改善

 

頭痛薬を飲まなくてもいい日が続くようになる

3年ぶりに飲まなくても良くなった

 

「整体で頭痛が取れるとは思ってもいませんでした。」

 

 

【考察】

寝違えでの来院

寝違えの施術は筋肉を弛緩させる事で

解消することが多いですが

今回のケースは筋肉だけで改善しなかった

 

腋窩神経の調整を加えた例です。

頚肩周りの筋肉が固くなると

腋窩神経が圧迫されてしまい、

痛みの増強、辛い期間が長引いてしまいます。

 

 

腋窩神経を調整する結果

頚部の可動域、痛みの軽減につながりました。

 

また、頭痛は3年もの間発症していたのですが

原因が頚椎の歪みだったのです。

 

 

頚椎の歪みは背骨、骨盤の歪みからくるもので

あったのでそれらを調整することで

寝違えだけでなく頭痛も改善することに

なったのです。

 

 

頭痛の多くの例で

脳外科で診察を受けても

「肩こりからですね」

 

って言われることが多く

結局頭痛薬で症状を押さえることしか

できずにいることがあります。

 

 

しかし、整体で頚椎の歪みを改善し

頚部周囲の筋肉を弛緩させることで

 

 

頭部への血流が改善し

自律神経も安定することで

長年持っていた頭痛も解消するのです。

 

072-987-4976

からだリカバリーセンターについて
ネットで予約をする メールでのご相談はコチラ
  • 受付時間:電話受付時間 AM8:30~PM8:00
  • 定休日:土曜午後・日曜・祝日
受付時間 日・祝
8:30〜12:00
15:00〜19:30

〒579-8046東大阪市昭和町3-15