【施術改善例】 歩けないぐらいの股関節の痛みは仙骨が問題だった

【患者】

40代 女性 会社員(デスクワーク)

【来院】

2016年10月

【来院されるまでの経緯】

1週間前から急に右の股関節が痛くなった。

特に思いつくようなきっかけや原因はなく、

朝起きた時に急に痛くて起き上がれなかった。

 

なんとか這いつくばるように起き上がり

少し歩くと、徐々にましになってきた。

 

気にはなるが仕事に行く時間が

迫っていたので、そのまま通勤。

 

デスクワークで座っているのは大丈夫だが

少し席を立とうとしたり

歩こうとしたときに足の付け根が痛い。

 

特に階段の1歩目が辛かった。

 

帰宅して自分でどんな姿勢ができるか

何をしたら痛いか気になったので

いろんな動きや姿勢をとってみると

開脚が出来ないことに気づく。

 

股関節が開かないので、あぐらがかけない。

靴下をはくのが、はきにくいなどを感じた。

 

そんな生活が1週間続いてさすがに不安になってきた。

職場で治りそうなところがあるか

聞いてみたら当院の名が挙がったので

調べたら家からも近いので通えると思って来院。

【症状】

右股関節の痛み 鼠径部の違和感

 

□開脚が出来ない

□あぐらがかけない

□靴下が履きにくい

□動き出しの1歩目が特に痛い

□特に階段の1段目は痛い

□朝に股関節が固まったような感覚がする

 

元々、痛みが出る前から

右の股関節の動きが悪く

ストレッチをしても開きは左よりも

よくなかった。

 

右股関節がコキッとはまる感覚や

関節のおさまりが悪い時があった。

【施術内容と経過】

初回施術

検査

筋肉テスト 大腰筋→反応あり

大腿四頭筋→正常

骨盤動揺性 動揺性を確認

腰椎回旋テスト 右回旋に固さ確認

施術

骨盤の調整

仙骨の調整をする

 

腰椎の右回旋時の固さが10→3に変化

骨盤周りと今回の痛みに関係している

筋肉を徹底的に弛緩、調整していく。

 

主に狙った筋肉は

大腰筋、内転筋、梨状筋、中殿筋、小殿筋

 

施術途中で股関節がパコッとはまったと

報告を受ける。

 

あぐらをかいた時の痛み軽減

可動域も改善された。

2回目以降

2回目

初回同様 仙骨、骨盤調整と

戻らないように筋弛緩をしていく。

3回目

「まっすぐ上げる(股関節屈曲)分にはすごく楽で

上りもすごく良い。でも、あぐらは以前よりも

しやすいがまだ痛みがある。」と経過報告を受ける。

 

前回までの施術に開脚しやすくするように

膝窩筋、縫工筋、前脛骨筋を追加

4回目

「開脚がしやすくなっているが怖さがある。」

と経過報告を受ける。

6回目

「ほとんど痛みの出る前の状態に戻った。

もしかしたら、その時よりも調子が良い。」

と経過報告を受ける。

 

親戚の方で人工関節の手術を

されている方がおられるので、

そうなりたくないというのと

調子よく仕事もしっかりしたいということで

 

調子はいいが

メンテナンスを希望されました。

【考察】

股関節の痛みは

仙骨の位置と骨盤の歪みが原因でした。

 

支えている筋肉の負担が増したこと、

そして、蓄積が今回の痛みです。

 

打った、捻ったなどの原因がなく

急に痛みが出た場合

骨格の歪みからくる筋肉への負担の増加が

原因で痛みます。

 

今回は痛みが出たから1週間くらいの

来院だったので痛みは

早期に改善しました

 

しかし、歪みは日ごろの姿勢の蓄積なので

メンテナンスでしっかりと良い癖付けを

一緒にしていけば再発はありません。

 

40才以降の女性は

変形性股関節症にも気をつけなければなりません。

 

早期の改善をしておかないと

骨盤の歪みから股関節に慢性的な

力が加わり股関節の変形へと

発展するので早期の改善をオススメします

072-987-4976

からだリカバリーセンターについて
ネットで予約をする メールでのご相談はコチラ
  • 受付時間:電話受付時間 AM8:30~PM8:00
  • 定休日:土曜午後・日曜・祝日
受付時間 日・祝
8:30〜12:00
15:00〜19:30

〒579-8046東大阪市昭和町3-15