【症状改善例】手のシビレは手根管症候群と肘部管症候群が原因だった

施術例

女性 50代

来院

2016年4月

 

症状

慢性的な腰痛と右上肢のシビレ

1ヶ月くらい前から慢性的な腰痛が

歩行のたびにズキッ!ズキッ!っと

腰に強く痛みを感じるようになってきた。

 

 

歩き方がぎこちなくなってきて

自分でも変な歩き方をしているなーと

感じながら肩にも力が入っているのを感じていたら

少しして右腕全体(肩から指先まで)に

正座をした時のようなシビレが出て来た。

 

 

全体的に痺れていて特に手首から先のシビレが

強く、指先全体に痺れている。

 

 

すぐに整形外科を受診。

レントゲンをとったが異常なし。

 

シビレを緩和するという薬と湿布をもらい

しばらくは薬を飲んで様子を見ることに。

全く症状は変わらず。

改善する兆しが全く見えず。

 

 

しびれているため力も入りにくく

お皿を洗っている時は、

何度かお皿を落としてしまったそうです。

 

 

家事をする中で困ることが多く、

腰痛なら長年付き合ってきているので

我慢できるがチクチク気になるシビレに徐々に

イライラがつのり当院のチラシを見て

来院された。

 

 

特に家事の中で困る動き

ペットボトルのキャップが開けられない

同じようなキャップや蓋が開けられない

食器洗いの時に力が入らない。

 

 

洗いにくい丼鉢や大きめのお皿を

落としてしまう

お米を研いでいる時の右手の感覚が鈍い。

施術内容と経過

初回施術

チネル徴候 陽性反応

ファーレンテスト 陽性反応

 

上腕三頭筋筋力弱化

手根部圧迫テスト→2・3・4指の痺れ減弱

 

整形外科で頚部のレントゲン異常なし

手根管症候群と予想をして施術

前腕屈筋群の弛緩

手根骨調整をした。

 

特に長掌筋と腕撓骨筋に

圧痛(抑えると痛いところ)が多かったので

圧痛を取るように施術したところシビレが半減し

グーパー運動のちからが入りやすくなった。

 

肩まわり、上腕部も調節し

腰痛もあるので仙骨調整を入れて初日終了

 

2回目はその4日後に来院

「足取りが軽くなりぐっすり

寝れるようになった」

と、おっしゃってました。

 

 

右手の痺れはあるけれど、握りやすくなり

物を持ったりしやすくなったそうです。

 

 

初回と同じように

前腕屈筋群の筋弛緩と手根骨調整

仙骨調整に脳脊髄液の調整で循環を整えました。

3回目、4回目も同じ施術

痛み止めの薬を飲まずに

過ごせるようになり

歩きやすくなる

 

 

手の全体的な痺れが小さくなり

今は中指、薬指、小指に少しシビレを

感じるくらいになりました。

 

 

数字でいうと

初診時が10

痛み、シビレが無いのが0だとすると

右手の痺れが4くらい

腰痛は5くらいです。

5回目から10回目の施術

特に長掌筋と母指球筋、手根骨調整

指節関節の調整を加えました。

 

 

尺側側の痺れが残っているので

肘部管も調整します。

 

 

細かい部分を微調整していきながら

12回目の施術で右手の痺れは消失。

腰痛は3になりました。

同時に施術したポイント

腰痛

肩こり

肘部管症候群

考察

前腕屈筋群の筋肉が固まり

手根管、肘部管を圧迫することで

誘発された痺れです。

 

 

母指球筋の萎縮は見られなかったので

丁寧に前腕屈筋群と母指球筋、屈筋支帯

を弛緩し、手根骨を調整することで

神経の絞扼がとれ痺れが引いていきました。

 

 

症状の経過から親指側よりも小指側の

痺れが残っていたので

肘部管の絞扼を疑い

上腕骨内側上顆や尺側手根屈筋に

アプローチ

筋硬結が多かったのでそれをとることで

症状が改善した。

 

 

手根管症候群と予想して施術を開始したが

小指側の尺骨神経も関与していると考え

肘部管症候群の疑いも持って施術

症状の改善がみられた

 

 

しびれの範囲によって圧迫を受けている

場所が違うので常に疑いを持って対応する

と効果が出やすい。

 

 

072-987-4976

からだリカバリーセンターについて
ネットで予約をする メールでのご相談はコチラ
  • 受付時間:電話受付時間 AM8:30~PM8:00
  • 定休日:土曜午後・日曜・祝日
受付時間 日・祝
8:30〜12:00
15:00〜19:30

〒579-8046東大阪市昭和町3-15