【施術改善例】椅子から立つときに痛む右殿部は骨盤の歪みが原因

施術例

女性 60代

来院

2015年 5月

症状

椅子から立ち上がる時に

右殿部の痛み

(引っぱる感じ)

右膝は冷えた感覚がする

 

 

2週間前から

椅子から立ち上がる時に

右殿部が引っぱるような感じで痛む

 

 

歩いている時は痛くない

座っている時も痛くない

 

孫2才を抱っこするから痛みが出たのでは

とも思っておられましたが

同居しているので

特に最近抱っこを増やしたと

いうことでもない

椅子から立ち上がるときに

引っぱる感じで痛み

 

 

3分ぐらい歩いていると

痛みが緩和してくる

 

 

2週間前から発症してきたが

きつくなるわけでもない

 

 

しかし、治るということもない

1日数枚シップをしていても

症状は同じ

施術内容と経過

初回施術

検査

上半身 左ねじれ

下半身 右ねじれ

骨盤歪み

右PI 左AS

右短下肢

腹臥位での骨盤の傾きが強く

右殿部が低くなっている

 

大殿筋 梨状筋の圧痛著名

ハムストリングの圧痛著名

右膝の触診での冷感はなく

本人の感覚では冷えたような

感覚になる

 

骨盤の歪みから

殿部筋肉の血行不良により

痛みが発生していると予想

施術

大殿筋 弛緩

中小殿筋 弛緩

梨状筋  弛緩

ハムストリング 弛緩

骨盤調整

短下肢調整

大腰筋調整

仙腸関節調整

腰椎4,5番調整

頚椎調整

施術後

ベッドから立ち上がる時は

痛みなし

 

しかし、普段の条件とは違うために

日常の仕事していた後の状態を

確認しながら施術をすることを伝える

2回目施術  3日後

好転反応なし

座っていて立つ時の痛みは

少し良くなったような

感じがするとのこと

 

 

筋肉の圧痛は初回より改善

短下肢改善

施術は初回と同じ

3回目施術  2回目より3日後

立つ時の痛みが改善

 

ペインスケール(PS10→5)

4回目施術  3回目より5日後

孫を自転車に乗せて1時間程

漕いだためか

痛みが強くなったと訴え

 

PS 10→ 8

 

まだ施術途中なので

逆戻りの状態を作ってしまうことがある

 

 

本人自覚もあり

自転車で移動している時も

なんとなく悪くなるのではと

不安に思っていた

8回目施術

膝の冷える感覚が少なくなってきた

大腿後面

PS 10→3

痛む感覚が小さくなってきたので

椅子からの立ち上がりがしやすくなった

10回目施術

ほぼ痛みがなくなる

長期に渡って東京へ行くことになるので

施術はここで終了

同時に施術した症状

施術しなかった症状

手のガングリオン

※当院ではガングリオンは

みることはできません

 

使用した手技 もしくはポイントとなる部位

大殿筋 弛緩

中小殿筋 弛緩

梨状筋  弛緩

ハムストリング 弛緩

骨盤調整

短下肢調整

大腰筋調整

仙腸関節調整

腰椎4,5番調整

頚椎調整

考察

椅子から立ち上がる

殿部の痛みは骨盤の歪みによる

周囲の筋肉の緊張が原因でした。

 

 

2週間前から発症してきましたが

普段の姿勢や体の使い方の

悪さの積み重ねが症状を

作ったのでしょう。

 

 

脚を組むことや

肘をついて座っていることも

かばんを片側だけで持つことも

以前からの姿勢ですが

その悪い積み重ねによって

症状に発展してのです。

 

 

骨格の歪みを正し

筋肉の緊張を取り除き

姿勢を正すことで

痛みの症状が改善されるだけでなく

再発をさせないことにもつながります

 

 

特に姿勢の部分は

本人の意識も必要になってきます。

 

 

姿勢を悪くしないように

気をつけていただく必要があります。

 

 

姿勢と骨格の歪みは大きな

関係があるのです。

 

 

その時の痛みをとることだけでなく

その後のことも大事だからです。

072-987-4976

からだリカバリーセンターについて
ネットで予約をする メールでのご相談はコチラ
  • 受付時間:電話受付時間 AM8:30~PM8:00
  • 定休日:土曜午後・日曜・祝日
受付時間 日・祝
8:30〜12:00
15:00〜19:30

〒579-8046東大阪市昭和町3-15