【施術改善例】 左肩甲骨の痛み・抜けるようなだるさは頚椎・胸椎の歪みだった

施術例

女性 40代 会社員 アパレル

来院

2015年10月

症状

1週間前から

左肩甲骨から左上肢にかけての

強い痛みとだるさ

 

 

起床時の時点で特に何もしていない

のに上記の症状が発生

 

 

最近、肩がよくこるなと思っていたが

痛みとだるさが強烈にやってきた

 

 

痛みが強いが仕事なので出勤した

 

しかし、仕事中もイライラするほど

痛みとだるさがあった

 

 

薬局でバファリンを買い

飲んだが痛みが強いせいか

一向に効くことがないので

 

 

2日後の休みに近所の整形外科に受診

 

 

診察でレントゲンを撮り

「少し頚椎の間が狭くなっていますが

それほどでもないので

 

痛み止めとシップを出しておきますね

 

まだ痛かったら来てください」

 

と言われた。

 

 

痛みは薬を飲むとなんとなく

緩和するが抜けるようなだるさは

取れないので

 

 

当院に来院することになった

施術内容と経過

初回施術

検査

ジャクソン  (+)

スパーリング 左のみ(+)

 

胸郭出口検査 (―)

 

 

上半身 左回旋

下半身 右回旋

 

 

胸椎1,2、3番

左からの圧痛が著名

 

頚椎 4,5、6番

左の圧痛著名

 

 

頚椎、胸椎の歪みが原因と予測

 

 

施術

頚椎調整

胸椎調整

菱形筋弛緩

棘下筋弛緩

広背筋弛緩

2回目施術  次の日

症状の変化なし

 

夜間痛みが強くて睡眠が浅くなっている

 

 

施術は同じ

3回目施術 3日後

痛みが軽減

 

PS(ペインスケール)

10→5

 

だるさの変化はないが

痛みが軽減したので

眠れるようになった

 

 

5回目施術  2週間後

ペインスケール

10→2

 

肩甲骨の痛みが軽減

 

上肢のだるさ

10→3

 

少し残存する程度に変化

 

 

PC作業の仕事をすると

肩こりがあるので

肩こり施術で2週間に1回のペースで

メンテンナンス来院

同時に施術した症状

肩こり

頭痛

使用した手技 もしくはポイントとなる部位

頚椎調整

胸椎調整

 

菱形筋弛緩

棘下筋弛緩

広背筋弛緩

考察

肩甲骨・上肢への痛みだるさが強くなった

原因は頚椎・胸椎の歪みであった

 

 

突然症状が起こったのは

急に神経が歪みによって

圧迫を受けたからであろうと

考えられる

 

 

頚椎や胸椎からは上肢に向かって

神経が走行しています。

 

 

その神経の出処である

胸椎・頚椎である部分に

問題が起こっていたのです。

 

 

痛み止めを処方しても

なかなか改善には至らなかったのは

 

 

神経の根本の炎症が強く発生していた

ために痛み止めでも改善しなかった

のだと推測されますね。

 

 

頚椎・胸椎を正しい位置に戻すことで

症状も改善したのです。

072-987-4976

からだリカバリーセンターについて
ネットで予約をする メールでのご相談はコチラ
  • 受付時間:電話受付時間 AM8:30~PM8:00
  • 定休日:土曜午後・日曜・祝日
受付時間 日・祝
8:30〜12:00
15:00〜19:30

〒579-8046東大阪市昭和町3-15