体重計にのっていない人ほど太る?

こちらにダイエットの体験・相談で来られるほとんどの方は今の現在の体重をなんとなくしか把握しておらず、ほとんどの方が体重計にしばらくのってないのよ~とおっしゃる方がほとんどです。逆に言えば毎日、あるいは定期的に体重計にのって自分の体重を目で見て確認されている方ほど世に言う肥満という領域までにいかず自身で体重管理できている方が比較的に多いです。

体重管理していく時、ダイエットで体重を減らしていきたい時は必ず体重計にのって自身の今の体重を把握しておきましょう。

朝・晩の体重計測をしましょう

ダイエットで痩せたい時は朝・晩と一日2回体重計測する事をおススメします。その際に注意する事は、毎回同じ服装で、同じ場所で、同じ時間に計測するのが良いでしょう。なぜならそれらの条件が毎回違ってくると体重の数字の動きに対して比較がしにくいからです。

ですので、朝は起床してお手洗いにいった後に計測、そして寝る前に計測、寝間着で・・というように自分のルールを決めて計測していきましょう。

そして、計測した数字をメモでもいいのでどこかに記載していくと良いです。少なくともまずは1ヵ月、それができたら2か月、3ヶ月と続けていきましょう。今では体重を管理できるアプリなどもあるのでそういったものを活用するのもオススメです。

体重を計測していった時に見るポイントは?

痩せる目的であれば、1日の増え幅を500g~600gまでに抑える事がオススメです。これは一つの目安になりますので、体重計測をしながら確認していくといいでしょう。

また注意して頂きたいのが、体調不良の場合や、生理中の場合は体重はほとんど減っていきません。ですので、そんな時はまずは体調をしっかり管理しましょう。

そして、寝る前の体重から、翌朝、お手洗いに行った後に計った体重が人により多く減っている方や、逆にほとんど減っていない方もいらっしゃいます。これに関してはその方の代謝が良いか悪いか、睡眠の質が良いか悪いかが伺えます。あまりにも夜から翌朝の体重の減りが悪い場合は少し見直した方がいいかもしれませんね~

そして、一つ目安として、痩せていく時はほとんどの方が体重の落ち方のグラフが階段を下るように数字が減っていくという風に思って下さい。毎回計測の度に体重が減るのではなく、体重が減ったら数日は同じ体重の数字のままで又、数日したらストンと体重が落ちていくようなイメージです。

そんなイメージをしながらダイエットに取り組むことをおススメします。

上記のように、体重を毎日確認する事で、何故痩せにくいのか?あるいはその日の体調であったりと・・いろんな身体の情報をキャッチする事ができます!!是非、今日からあなたも体重チェックしてみて下さいね~。

アプリの活用もオススメです!!

症状について詳しくはこちら

ダイエット整体

関連記事

072-987-4976

からだリカバリーセンターについて
ネットで予約をする メールでのご相談はコチラ
  • 受付時間:AM8:30~PM7:30
  • 定休日:土曜午後・日曜・祝日
受付時間 日・祝
8:30〜12:00
15:00〜19:30

〒579-8046東大阪市昭和町3-15