内視鏡での検査はなにもないのに 腹痛で腰痛になるのは関係あるのか?

腹痛と腰痛って関係あるの?

って思う人は多いと思います。

 

 

お腹と腰って実は凄く関係性は

強いんです。

 

 

腰痛と言えば腰に何らかの障害

(例えばスジを痛めたとか)があると

考えるのが一般的です。

ギックリ腰などがそうですね。

 

 

腹痛も普通は胃腸の調子が

悪い程度に考えるのが普通ですね。

でもなかなか治まらない

腹痛と腰痛が続く場合

多くは姿勢や骨格の歪みが

影響していることが多いです。

 

 

もちろん、それが全てではないので

まずは病院で検査をして下さい。

年齢や性別によって様々ですが

きっちり検査は必要です。

 

 

内科的な検査をしても原因がわからない

一体これは何が原因だ?

って時は当院に一度来てください。

先日は40歳の女性の方が

腹痛と腰痛を訴えて

来院されました。

 

 

半年くらい「じわーっ」と痛む。

我慢できない痛みではないが

常に感じるそうです。

 

 

さらに時々きりきりお腹が痛んで

その時は腰が抜けそうで力が

入らない感覚があるそうです。

 

 

下腹部を中心に痛かったので

まずは婦人科を受診。異常なし。

次に胃や大腸の検査。異常なし。

やっぱり気になるし、痛みが改善しないので

別の病院でもう一度検査。

それでも異常なし。

 

 

どうしてよいかわからない時に

当院の内臓整体、無痛整体というのを診て

なにかわかるかも?と思い

一度診てもらおうと来院。

 

 

検査をするとすごく歪みが強かったです。

婦人科系臓器(子宮、卵巣)は、

骨盤の中で筋肉などによって

固定されています。

 

 

「骨盤の歪み」があると、骨盤内で

筋肉の緊張や引っ張り合いがあったり

圧迫されたりします。

 

 

そのため、膀胱や子宮、卵巣が圧迫され、

自律神経伝達や血液循環が

阻害されて、生理不順や生理痛、

不正出血、下腹部の痛みのほか、

膀胱炎、頻尿、残尿感、腰痛などの

原因になるのです。

 

 

特に、生理前後では、女性ホルモンの

分泌による影響から、

骨盤の関節がゆるんで動くため、

「骨盤の歪み」が大きくなり、

症状が出やすくなります。

また、骨盤は体の土台ですから、

骨盤がゆがんでいると、

上半身も傾斜やねじれをおこして、

背中の筋肉が過剰に緊張した状態にもなり

背中や首肩などの痛みの原因になってきます。

 

 

まずはこの歪みをとる治療をしました。

足の長さをそろえ

骨盤のねじれをとります。

骨盤の中にある仙骨の遊びを作り

内臓整体をします。

 

 

特に大腰筋の緊張が強かったので

肝臓・腎臓・横隔膜を調整。

 

 

痛みはぼんやり残っており

少し和らいだかなという感じ。

でも動きが改善され

体は軽くなったとおっしゃってました。

 

 

数回しっかり根本を整えると

ほとんど気にならずに1週間を

過ごせたと喜んでおられました。

 

 

体の調子が良くなったので

もっと良くしたいと

その後も続けてメンテナンスをされています。

 

H・M 様  女性 40歳  職業 主婦

 

  • 来院される前、どのような期待や不安がありましたか?

悩んでいる痛みが取れるかどうか。

病院の雰囲気はどんな感じだろうか。

 

 

  • 実際に来院されてどうか?

次第に痛みが和らぎ、病院の雰囲気も明るく

気さくに話をしていただけるので良かったです。

 

 

  • 治療前と後を比べてどうですか?

3、4回治療を受けた頃から症状が和らぎ

日常的に痛みが出ていたのがなくなりました。

時々痛む事はありますが、気がつけば治っています。

 

 

  • 他の治療院とくらべてどうですか?

他の所はもみ返しがあり、治療を受けた翌日は

体が重く、だるく、痛いことがあったのですが

ここの治療院は全く無いです。

 

 

  • 当院の説明はわかりやすかったですか?

とてもわかりやすいです。

 

 

  • その他、なにか一言お願いします。

これからも宜しくお願いします。

072-987-4976

からだリカバリーセンターについて
ネットで予約をする メールでのご相談はコチラ
  • 受付時間:電話受付時間 AM8:30~PM8:00
  • 定休日:土曜午後・日曜・祝日
受付時間 日・祝
8:30〜12:00
15:00〜19:30

〒579-8046東大阪市昭和町3-15